教室案内
  • ごあいさつ
  • 医局員紹介
  • 日本小児歯科学会
  • 全国小児歯科開業医会
  • 岡山大学大学院
  • 岡山大学歯学部
  • 岡山大学病院

ごあいさつ

教室紹介

当教室では,乳幼児期から思春期にかけての歯科疾患のうち,「う蝕」および「歯周病」に対する基礎的・臨床的研究を行っています.特に,う蝕原性細菌であるStreptococcus mutansに関して,その表層構造物の病原性への関連を分子生物学的手法や実験動物モデルを用いて検討しています.

主な研究内容

  1. 小児・思春期における齲蝕および歯周病に関する臨床的研究
  2. 齲蝕抑制をめざした齲蝕原性細菌に対する分子生物学的研究
  3. 小児歯科臨床における新たな治療アプローチに対する研究

臨床研究においては、ヒト口腔の唾液あるいは歯垢の中に含まれる齲蝕原性細菌や歯周病細菌の分析を行っています。これらの結果をもとに、口腔内細菌叢の状態を調べることにより、口腔内における歯垢(バイオフィルム)の形成がどのように行われているかを解析します。さらにバイオフィルムはクオラムセンシングシステムいわゆるシグナル伝達システムによって制御されています。このシステムを解析することが、将来の新たな予防方法へのアプローチにつながると考えています。

医局員紹介

常勤スタッフ (平成30年4月2日現在)

教授 仲野道代 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医・指導医
准教授 稲葉裕明 博士(歯学) ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター
講師 仲 周平 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医
助教 平野慶子 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医・指導医
助教 高島由紀子 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医
助教 松三友紀 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医
助教 野島靖子 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医
博士研究員 石原知加子 博士(歯学) 日本小児歯科学会専門医
医員 森川優子 博士(歯学)
医員 吉田翔 博士(歯学)
医員 吉田衣里 博士(歯学)

大学院生

角田陽子 URMI SAKI ALAM 浅海春華 田畑佳子

研修登録医

三宅 香 山﨑由衛 髙木淳史 柳田可奈子 森本節代 高橋昌司

非常勤スタッフ

  
臨床教授 壺内智郎
臨床准教授 堀雅彦
臨床講師 大村満晴